【書籍】

イゲット千恵子 初著作
『経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親』
出版 経済界

ー目次ー
プロローグ もっと戦略的に子どもを育てなさい  

第1章 ハワイと日本の「教育」は、何がそこまで違うのか?
-ミックス文化が成立しているアメリカ唯一の州 
-なぜ、多くの芸能人が「ハワイ教育移住」をするのか? 
-日本語が話せなくてもこれからは困らない! 
-世界と戦うために不可欠なダイバーシティが学べる最適な環境
-人生にかかるお金を計算させるリアルでシビアな金銭教育
-Make Money-お金は自分で作るもの
-ハワイ母さんのお金哲学は「お金を回しなさい」

第2章 経営者を育てるハワイの親、労働者を育てる日本の親
-「労働者教育 VS 経営者教育」の実態
-クリエイティブに考えさせるとは?
-経営者目線を養う日常の会話 
-「泣けばいいコミュニケーション」は通用しない!
-タイムマネジメント教育で集中力アップ 
-説得する文化が「プレゼン力」を育てる
-日本はIT教育が15年遅れている
-場をまとめて導く「ヒーロー」思想
-自分のルーツを発見させて「強い自信」を育む
-自己肯定力を育てる「You can do it!」


第3章 世界で勝てる子どもが育つ「ハワイ思考」とは?
-ダイバーシティからビジネスのヒントをつかむ
-高収入の男性が「高収入の女性」を選ぶ理由
-アメリカ人は一生涯で不動産を2、3回転がす
-現金を持っている人はアヤシイ 

第4章 学校歴はビジネス成功へのパスポート
-合理的なアメリカの教育システムとは?
-毎年7%上昇し続ける学費
-将来、子どもが好きな国を選べるように

 第5章 国際的に活躍する子どもを育てるための親の心構え
-留学はいつさせるのがベスト? 
-ハワイのサマースクールの選び方
-子どもの人生を拡げる「教育移住」という選択肢
-日本人に多いホームステイトラブル
-留学前に知っておきたい「家庭教育7カ条」
-日本でも出来るグローバル体験を
-海外暮らしで困らない3つの力 

エピローグ 日本人は「自信を持って行動する!」だけで、世界でもっと活躍できる

書籍の感想

  • おおらかで温かく受け入れてくれるハワイのイメージがありましたが、実際に暮らす人々の生活や教育、躾はアメリカ的でシビアだと思いました。自分の躾や教育を見直すきっかけになりました。(K.U様)
  • 私自身、将来のこどもの教育のためにと妊娠前からハワイに移住したので、「ああ、この決断は間違っていなかったんだな」と本を読んで背中を押してもらえたような気持ちになりました。(同時にそうした優秀な教育を受けれるように、費用やサポートの面でもがんばらなくては!と思いました汗)ちなみに、この本は「ハワイ教育移住マニュアル」ではないので、「ハワイ教育スバラシイ~。ハワイ来ないとダメヨ~。」と言っているわけではなく、教育の価値観の違いを知ることで、日本での生活でも生かせる内容が書かれていたので、日本の母ちゃんたちにも生かせる内容だと思いました。(M.M様)
  • すごくなるほど!と思いました。
    ハワイならではの環境でなら凄く効力があるように感じました。子供にグローバルな環境、ハワイでの環境を作りたいですが、ハワイにどうやったら移住できるか?イゲットさんがどれくらいの資金を持ち移住できたかを教えて頂きたかったです。
    今は移住したいと思い色々調べていたりしますが、なかなか糸口が見つからないのでその辺のイゲットさんのお話を聞かせて頂きたい、と思いました。(M.K様)
  • 子どもを持つ母親として、書籍名がパッと目に留まり、迷わずレジに持っていきました。
    読み始めたら止まらず、僅か1時間程で読んでしまいました。それほど今の私に必要な内容だったと思います。
    子どもを持ってからというもの日本の教育に関してさらに関心を持つようになり、疑問点ももつようになりました。そんな私のモヤモヤ感にこちらの本はズバリ答えていただいたと思っています。これからは受け身より攻めの姿勢、つまり経営者の視点を持っての教育が日本にはかなり必要だと改めて感じました。
    主人にも是非読んで欲しいと思い、ただ今宣伝中です!(^^)!(R.S様)
  • 「海外留学して英語が話せれば何とかなる」という既存の理論から、一歩先に進んだ千恵子さんによる最先端の教育理論、素晴らしいと思いました。ご自身の体験から生まれた理論を公開して下さっています。これはコミュニティーに受け入れられた方にしか書けない内容だと思います。そして、すぐ実践したい方、今は無理だけれどいつかはという方の双方に向けての方法論が充実していて、とても親切だと思いました。
    千恵子様のますますのご活躍を心よりお祈り申しあげております!(S.Y様)
  • これは育児書?ビジネス書?
    書店員だったら、置き場に悩みます。
    どっちに、、、、も置こう。
    育児中のママ、
    これから生まれるよってママへ
    多くのママが読んで、
    ハワイにゃ行けないけど、こういう環境で教育したいね。
    って人が増えたら。。
    想像したら、ワクワクが止まりません(N.M様)
  • 娘が生まれたときから実践している
    グローバル子育て、hawaiiサマースクール、キャンプにも触れていてました。経験者ですがハワイははっきり言って日本と夏休みの時期がずれるので、日本の夏休みから渡ハワイでは、日本人だらけになります。どれだけ強い意志をもって英語を喋らせるか・・・・これも親の腕次第と理解しています。
    自分も仕事でも提唱してきた日本から世界に出る際の
    「プレゼン力」「コミュニケーション力」「自己肯定感」
    など著書にあるキーワードも大きくうなずき共感することも沢山ありました!そして海外暮らしで困らない3つの力の最後はやはり・・・
    愛する力だと。
    世界で愛し愛される人間にするためには??グローバルスタンダードの千恵子さんの子育て
    ぜひご参考になさってくださいね^^
    起業家、経営者、子育て中のママやこれから子育てする方にも
    ぜひおすすめしたい本です。(T.H様)
  • 私自身もアメリカ本土からの帰国子女で、まさに本に書かれている通りだと感じております。日本の企業で働いてますが、皆周りはイエスマンばかり。自分の意見はないのか、これで人生楽しいのだろうか、といつも疑問です。また、日本の小学校に通う娘がいますが、日本はアメリカと比べ子供を守るシステムが緩く非常に不安になってます。今、まさに子供の教育について考えており、早速ハワイのサマースクールに行かせる予定です。子供の適応能力を見ながら、方向性を決めたいと考えてます。タイミング良くこの本から参考になる情報を沢山頂きました。グローバルで稼げるメンタル的に強い子育てを目指したいと思います。(R.M様)
  • おおらかで温かく受け入れてくれるハワイのイメージがありましたが、実際に暮らす人々の生活や教育、躾はアメリカ的でシビアだと思いました。自分の躾や教育を見直すきっかけになりました。(K.U様)

全国の書店でお買い求めいただけます


2017年4月8日より、紀伊国屋書店、丸善、ブックファースト、有隣堂、TSUTAYA、Amazonなどインターネット書店でご購入いただけます。


主要書店リスト  
【関東】 紀伊國屋書店 新宿本店・ 八重洲ブックセンター 本店・ 丸善 丸の内本店・ ブックファースト 新宿店・ 三省堂書店 池袋本店・ 三省堂書店 有楽町店・ SHIBUYA TSUTAYA・ ブックファースト 青葉台店 ・八重洲ブックセンター 京急上大岡店  
【関西】 ジュンク堂書店 大阪本店・ ジュンク堂書店 難波店​・ ジュンク堂書店 西宮店・ 紀伊國屋書店 梅田本店・ ブックファースト阪急西宮ガーデンズ店  
【その他】 紀伊國屋書店 仙台店・ ジュンク堂書店 仙台TR店・ ジュンク堂書店 名古屋店・ ジュンク堂 福岡店